太陽光発電システム用地

小野市第1発電所

ソーラー発電用地のお問い合わせは
ヘッダーロゴ

用地募集再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まったことにより、
いま日本全国で遊休地の需要が劇的に高まっています。
太陽光発電の導入で、これまで税金を払うだけの無用の長物だった遊休地が、
安定性の高い“事業用地”に生まれ変わるのです。
地主様には土地の賃料収入を、紹介者様には手数料収入を、
発電事業者様には売電収入をもたらす『Win-Win-Winの関係』を築きます。

 

最適な太陽光発電を行なう3つのポイント

pv_tochi

・日当りが良いこと

太陽光発電を行なうにあたり必要なのは、太陽光のみです。 日中に影ができてしまうと、どうしても発電効率が下がってしまいます。 重要なのは、影がかかったパネルだけではなく、全体的な発電量が低下してしまうということです。 効率よく土地を活用するには影ができないことが重要です。

・近くに電柱があるか

太陽光発電で作った電気を送電するために必要になります。 なければ管轄の電力会社と連系にする際に工事してもらわないといけないので工事負担金が高くなります。 この工事負担金は、発電事業者様の負担になりますが、必要以上のコストがかかってしまうため、売却価格や賃貸料金に影響がでてきてしまいます。

・平らな土地、もしくは南斜面

平らな土地であれば、設置する際に造成工事が必要がほとんどなく、それだけコストを抑えることができます。平らで南向きの土地であれば、人気や価値が高いです。

■ 小野市久保木町 300kw 【ネットハウジング小野市第1発電所】
DSC00585

■ 小野市垂井町  14.75kw 【ネットハウジング 小野市第2発電所】 ※サザンクロス屋根

■ 小野市二葉町 50kw 【ネットハウジング 小野市第3発電所】

■ 西脇市野村町 51kw 【ネットハウジング 西脇市第4発電所】 ※ブックワン屋根

■ 多可町多可郡中町天田 50kw 【ネットハウジング 多可町第5発電所】

■ 篠山市今田町下立杭 512kw 【ネットハウジング 篠山第6発電所】