不動産会社選びについて。

お部屋を探す場合、探しの地域の不動産屋さんに実際に相談に行ってみましょう。
ネットや情報誌には掲載されていない物件もありますし、やはり地元の不動産屋さんがその地域のことを一番よく知っています。
場所が絞りきれていない場合は、担当者に調べてもらうのが最適です。

不動産会社選びが大事なわけ

基本的には、どこの不動産会社でも約95%の賃貸物件を扱えます。
なぜなら、通称「レインズ」といわれる不動産会社専用のサイトがあるからです。
ですので、レインズに登録している仲介会社であれば、どこでも紹介してもらえます。 そのため、不動産会社選びというのが、大事になってくるのです。

地元不動産会社の特徴

フランチャイズ加盟店や賃貸住宅のみの仲介をしている不動産会社では、会社は大家さんと直接やり取りしていないことが多く、他社が扱っている物件を仲介することが多いです。

古くから地元で開業している小さな不動産会社。
2~3人で営業している会社です。
これらのメリットは、紹介できる物件数はほとんどかわりません。直接大家さんとやり取りしているケースが多く、その地元のことを熟知していることです。 周辺情報などに詳しいことが多いです。

大家さんと長い付き合いがあるため、家賃交渉などがしやすい、借りた後の話もしやすいなどのメリットがあります。

また、掘り出し物が眠っているケースもあります。

優先順位を決めて伝える

不動産会社への訪問は、1回だけで希望の物件が見つかるとは限りません。
ピッタリ合う物件がなくても、自分の希望をしっかり伝えておけば探してくれますし、新しい情報が入れば連絡してくれます。

ただ、条件にこだわりすぎると、物件探しの選択肢を狭める可能性があるので、優先順位を決めておく必要があります。
なお、良い条件がそろっている物件には申込者も多いので、見学を希望する際はまだ借りられていないかどうか確認しましょう。

また悩んでいる期間に、ほかの方が申し込みをいれてしまう場合もありますので、物件を紹介されたら内覧できる物件は即時内覧し、検討するのが良いです。

動機や理由を聞いてくれる不動産会社に

希望の条件を伝えただけでは、それに全部マッチする物件がみつかることは少ない場合が多いです。
そのときに、物件を押し付けるのではなく、どういうこだわりがあるのか、転居の場合は、どのような理由があるのかを聞いてくれるかどうかは、不動産会社は一つの選ぶ目安になります。
そこから大事なポイントをみつけ、経験を踏まえた上で、よい提案をしてくれることがあるからです。

また、同じ20台の新婚さんでもお勤め先の内容や置かれている状況、所得に応じてご紹介する物件が変わってきます。「家賃7万円で探してほしい」だけではなく、自分の希望条件を適切に伝え、担当者からの問いに答えて頂けるとより良い物件をお客様へが紹介できる。と私は感じます。

通称「おとり物件」に気をつけて

不動産会社の中には、来店してもらいたいためにだけに、募集していない好条件の物件を掲載している場合があります。こちらは、取り締まりも行われていますが、違法行為です。

実際に来店してみたら、「成約済み」で別の物件を紹介されることになります。
見分けるには、類似物件の相場を定めてみる事や、不動産会社へ電話してきてみましょう。

ただし、現在募集しているからと来店予約したのはいいけど、来店後申し込みが入ったなど嘘をつかれることが多数聞かれます。来店直後に問い合わせするのが最適です。

嘘をついてまで来店をさせる不動産会社には、注意したほうがよいでしょう。

担当営業によっても差がある

不動産会社も大事ですが、担当営業によっても違ってきます。 情報をしっかりと持っていること、質問にすぐ答えてくれるなど、見極め方はあるものの、何より実際に話をしてみて、自分と合うかどうかを確かめるしかありません。

ピークの時期には来客も多く、ノルマ等で物件を強引に紹介する場合もあります。 そのようなことにならないよう、余裕を持って訪問予約をするのが賢明です。

メリットだけではなくデメリットも伝えてくれる営業マンや、お客様自身の立場に立ってお部屋を選んでくれる担当営業に巡り合うことが不動産会社選びの一番重要なことだと私は考えます。